Twitterとwordpressの連携のためにやったこと

こんにちは!tonです

自分のブログの記事投稿時に、twitterにも自動投稿させるようにしてみました。すぐにできるかなーと思ってたのですが・・・思ってたより苦労しました(泣)

概要

簡単に言うと以下をしました。現在( 2019年6月)は取得方法が色々変わったらしく・・・。本当に苦労しました。

  1. wordpressのSNS連携プラグインSNAPをインストール
  2. Twitter developer でなんやかんやしてAPI keyを取得
  3. SNAPに自分のtwitterアカウントを登録

SNAPインストール

wordpressに新規追加で「SNAP」を検索し、プラグインをインストールします。詳細な説明は割愛

twitterのAPI keyを取得

次にtwitterのAPI keyを取得します。API keyは機能を使用するための鍵となるものです。

Twitter Developerに会員登録

まずは以下のリンクにアクセスしてtwitter developerに会員登録します。

twitter developer サイト


twitter developerサイトにアクセスし、自分のtwitterアカウントでログインすると上のような画面が表示されます。「create an app」ボタンを押して次に進みます。

twitter developer ツールを使用する目的を聞かれます。とりあえず適当にチェックし「Next」ボタンを押して次へ

どこに住んでいるか、アカウント名は何かを聞かれます。記入して次へ。

google先生いわく、以下を聞かれています。英語で書く必要があります。

訳:英語で、TwitterのデータやAPIをどのように使用する予定かを説明してください。回答が詳細になればなるほど、レビューと承認が容易になります。

僕は、以下のように回答しました。

My service delivers life information and technical information.
By linking service and twitter, information can be delivered to users quickly.
As a mechanism to work together, use the wordpress plug-in SNAP.
API key of twitter is required for setting of plug-in SNAP
(私のサービスは生活情報や技術情報などを配信します。
サービスとtwitterを連携することで、素早くユーザに情報を届けます。
連携する仕組みとしては、wordpressのプラグインSNAPを使用します。
プラグインSNAPの設定のためにtwitterのAPIkeyが必要となります)

次の画面では利用目的などを聞かれています。とりあえず全てNOでOK。訳は以下。

Are you planning to analyze Twitter data?
(Twitterのデータを分析する予定ですか?)

Will your app use Tweet, Retweet, Like, Follow, or Direct Message functionality?
(アプリはツイート、リツイート、お気に入り、フォロー、ダイレクトメッセージ機能を使用しますか?)

Do you plan to display Tweets or aggregate data about Twitter content outside of Twitter?
( Twitter以外のTwitterコンテンツに関するツイートを表示したり、集計データを表示したりしますか?)

Will your product, service or analysis make Twitter content or derived information available to a government entity?
(あなたの製品、サービス、または分析によって、Twitterコンテンツまたは派生情報が政府機関に利用可能になりますか?)


今まで書かれたことが正しいか、再確認を促しています。良ければ「Looks good!」で次へ

最後に、開発者規約、Twitter開発者ポリシーに関する規約に同意して「submit Application」

おめでとうございます!!これでdeveloper アカウントの登録ができました。突然英語で文章入力を促されたときはどうなるかと思いましたが、なんとかできましたね。これで終了・・・かと思いきや!・・・そうです、まだTwitter API keyは取得できていません。次の項で取得しにいきます。

Twitter API key取得

登録したアドレス宛てにメールが届いているので「Confirm your email」を押下

APIを使用するアプリケーションを登録していきます。「create an app」をチェックして次へ

また「create an app」をチェックして次へ


アプリケーション名とアプリケーションについての説明を(またもや)英語で記入していきます。僕はdeveloper アカウント登録のときの説明を200文字以内に収めるように調整して使いました。

required以外の項目は空欄でOK。一番下の項目はアプリケーションがどのように使用されるのか目的を聞かれています。僕の回答は以下。

The purpose is to link blog and twitter.By using twiiter, I hope that a lot of users get to know the blog.I do not abuse
(ブログとtwitterを連携する目的があります。twiiterを利用することで、多くのユーザにブログを知ってもらおうと思っています。悪用はしません)

「create」を押して次へ

・・・エラーになりました。アプリケーション名が既に他のアプリケーションと被っていたようです。別の名前を入力して今度こそ次へ!!

できました!この画面がでてきたら完了です。「keys and tokens」からAPI keyが確認できます。(英語はもうイヤ・・・)

SNAPにtwitterアカウント登録

あとは、SNAPにtwitterアカウントを登録するだけです。

緑色の「Add new account」でtwitterアカウントを登録します。

自分のアカウントのURLと、 「keys and tokens」 で確認したAPI keyを入力して「Add acount」。これでSNAPへの登録は完了。投稿時に自動でツイートされるようになりました。お疲れ様でした!!

まとめ

仕事では、英語のドキュメントを読み解いたり、変数名考えるときに辞書ひいたりしていたので、割と英語に慣れ親しんでいたつもりだったのですが、結構疲れました。まだまだ修行が足りないということですね!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です